転職の際には職務経歴書が武器になる

現在務めている会社に不満があり転職活動を行う。
その際に必要なものが履歴書と職務経歴書である。
一昔前では履歴書だけで事足りていたのだが、近年の採用の場では職務経歴書の提出を求められるケースが増えてきた。
応募者の実力と自社の求める人材とのマッチングを見極めるツールとして職務経歴書は利用される。
職務経歴書は履歴書よりも大きな比重を占めると言っても過言ではない。
それ故、職務経歴書はしっかりと時間を掛けて作成する必要がある。
履歴書の記載内容は過去の経歴をズラズラと並べて書くだけであったが、職務経歴書は過去に在席して居た会社の規模、職種、業務内容、成果など具体的な部分に触れて記載する必要がある。
転職の際にはこれらに力を入れて作成しよう。